1. HOME
  2. ブログ
  3. 第1回淡路島パワースポット立禅セミナー開催レポート 2020/11/15

第1回淡路島パワースポット立禅セミナー開催レポート 2020/11/15

令和2年11月15日・新月

神戸三宮から高速バス(神姫バス・往復2660円)1時間で伊奘諾神宮到着。

参拝のあと 夫婦楠(樹齢900年)前で 【巨木立禅講習】

立禅は、巨木の近くで行うと良いのですが。。本日は格別。

通常では自分の身体の中だけで気を巡らせますが

屋外の巨木と共に立禅の場合は、また別の方法があります。

国産みロードを歩いて移動。

伊奘諾神宮の摂社 濱神社前 旧参道沿いにて昼食&セミナー

・1限目・

座学 【経絡ムーブメント、経穴経絡理論から見る養生気功と立禅の効用】

(担当:日山健一先生)

・2限目・

屋外実技・多賀の浜にて 【コロナに負けない身体作り・内功八段錦】(担当:凪)

伊奘諾神宮は別名として日之少宮(ヒノワカミヤ)ともいわれ、沈んでいく夕日(陽)の大神の神格を召したもので、天照大御神のさし昇る朝日の姿と対比されています。

多賀の浜では、その素晴らしい夕日を拝しながらの練功ができます。

(10月に摩耶山で実施した朝日を拝む御来光立禅と対になりましたね)

 

西日を拝しての籠り態は、古来日本では【日想観】と呼ばれます。

 

多賀の浜にて参加者集合写真

 

 

 

関連記事