1. HOME
  2. ブログ
  3. 2022年・寅年の日本立禅会のキャッチフレーズは『飛んだり駆けたりしないのに、 地味に本気で効くマジカルワールド』

2022年・寅年の日本立禅会のキャッチフレーズは『飛んだり駆けたりしないのに、 地味に本気で効くマジカルワールド』

自宅でも 稽古納めをしました。

星野稔先生の年末お稽古では年末に気合術を行って、一年の締めくくり としていました。

その時を思い出しながらの気合術です。

毎朝、一緒に練功する母は 気合を聴くのが初めてでビックリしていました。

先日の稽古でもそうだったのですが

気合が綺麗に入る時は、眼前の空間に白い亀裂が一瞬入り

その瞬間、空間全体が数センチずれたように見えます。

これまた爽やかな稽古納めとなりました。

令和三年は・・

・創立記念演武会
・立禅ナビゲーター養成塾のスタート
・第3回御来光立禅合宿など

振り返ればいろいろでした。

個人的には、春からの体調不良(更年期障害・五十肩)で難儀しました。

でも、そのおかげで 力を抜くことへの気づきや休息・養生の再確認へ意識が向き

病人向けの気功でもある 坐式八段錦の習得へと繋がりました。

病んでこそ分かる境地というものもあるらしく・・
気功は、それそのものとして存在するのではなく
実施する本人の病歴や生活歴と寄り添うようにして形成・習得され
本人の人生と共に成長、個性化していくものだと実感しました。

2022年・寅年の日本立禅会のキャッチフレーズは

飛んだり駆けたりしないのに、 地味に本気で効くマジカルワールド(←立禅ナビゲーター養成塾生作) です! 令和四年度もどうぞよろしくお願い申し上げます。


寅年にちなんで 五禽戯の虎 オープンセミナー

2月26日より、月1(第4土曜)開催いたします。


日本立禅会ニュースレター新年号

月に1度、無料配信中です。ご希望の方はメールアドレスをお知らせくださいませ。

 

 

関連記事