1. HOME
  2. ブログ
  3. 【レッスンレポート】 KCC三宮『女性のための立禅』クラス・1月

【レッスンレポート】 KCC三宮『女性のための立禅』クラス・1月

令和4年1月22日 

今年は坐式八段錦が推しなので。。

このクラスでもまず、※坐式八段錦 から始めました。

※そういえば・・屋内クラスでは、坐式八段錦(あぐらと長座を含みます)を体験いただけますが。。

屋外クラスではどうしよう??

須磨海岸のアーシング立禅クラスは大丈夫ですね! お尻の下の高さも(手で掘ったり固めたりして)調整できますョ。。海岸でのレッスン前にまず、砂山作りから始めるって考えると、なんだかとても楽しいです。← 坐式八段錦では股関節のかたい人、腰のかたい人はお尻の下に座布団などを入れて調整します。

マヤカツ立禅部では・・残念ながら。山なので。坐式八段はできません。立式の八段錦をじっくり練習しましょう。 坐式もやりたい場合はオープンセミナーへどうぞ

本日のメニュー

坐式八段錦

一段) 寧神静坐・・この場合の神は精神の神。大脳の働きのことです。

二段)手抱崑崙・・後頭骨の出っ張りのことを崑崙と言います。(有名な崑崙山脈に例えているのですね)

頭と手で争力を作ること。それに呼吸を合わせること。

三段)指敲玉枕・・玉枕穴の位置を確認

・・等々。

動作の意味、目的を理解しながら覚えます。

説明には時間をかけますが、覚えてしまえば実施は10分程度のものなので、ぜひ御自宅で生活の中で実践し、役立てて頂きたいです。

・坐式八段で、腰背・坐骨周辺・膝裏・ふくらはぎ(以上、太陽膀胱経の連なり)を調えた後、立禅(平肩垂撑勢)へ。

・坐式八段での重要な動作【手転双輪】から【托按攀足】にかけては立式では六段に相当します。姿勢は異なりますが、動作の要訣は同じであることを理解すると良くなりますね。

 


2月26日開講! 坐式八段錦オープンクラス @神戸

内功八段錦(坐式・立式)の定期クラス @大阪

関連記事