1. HOME
  2. ブログ
  3. 立禅ナビゲーター養成塾の座学より

立禅ナビゲーター養成塾の座学より

10月18日・立禅ナビゲーター養成塾の座学より

中国古代気功のルーツは舞であった!! (気功の起源、舞踏動作説)

・伝説によれば、中国古代の黄河周辺では、洪水が長い間続き湿気がひどく、多くの人が関節障害等に苦しんだ。そのため、舞踏の動作をすることで、筋骨を鍛え、血脈を通じ、体質を強めたという。

・導・・気を和ませる  引・・体を柔らかくすること

・導引按蹻とは ・・按摩と按蹻の違い

 

等々。


立禅ナビゲーター養成塾開講中 11月入塾秋期生募集中

・実技編 身体の動かしかた(操作)と姿勢を中心に(站トウ、内功八段錦、六字訣)

・座学編 ※養生の概念について学びます。(中医学基礎を中心に)

※養生とは 食事、睡眠、天候、人間関係を含む環境、先天の気から後天の気まで すべてを見渡し、配慮していくもの

関連記事